史跡萩城城下町の家・保存修理工事

この建物は、萩市の重点景観計画区域内の国指定史跡地区(萩城城下町地区)にある、旧佐伯丹下(さえきたんげ)屋敷跡です。幕末期、直目付や撫育方仕組掛、奥番頭役などの藩の要職を歴任した人物です。またこの場所は、江戸屋横町と言う風情のある横町で木戸孝允旧宅、青木周弼旧宅が両隣りにありメディア等に度々紹介される建物(通り)です。

屋敷は昔の状態(形態)が保たれてはいましたが、道路に面した「仲間部屋」「表門」「わたり塀」に付いては、屋根や内部の至る所が損傷、また建物全体の倒れもありこの度保存修理をする事となりました。工事は既に着工し、現在は屋根瓦や土壁を撤去し痛んだ部材の修復作業を行っています。