旧山村船具店保存修理工事 Vol.13

Vol.13 内外部の仕上げ工事です。
内部には、板張りの床があります。松板の合决り(あいじゃくり)板を和釘(頭巻釘=小巻釘)で留めます。
仕上は、古色風に着色塗装します。
この松板は、弊社で阿萩産の赤松の丸太を製材し、自然乾燥させた材料です。杢目が美しいでしょう!

主屋(南)の北側やぎり部分の仕上げです。主屋(北)の屋根上となります。
2段目画像は、白漆喰塗りの施工中です。
今回の保存工事には、主屋(南)と先に解体した主屋(北)を接続しその部分の仕上げ工事が多くありました。

3段目画像は、西側卯立(うだつ)の仕上です。
漆喰は、古代漆喰を使用しています。

4段目画像は、基礎部分の洗いだし仕上げの施工状況です。
今回の洗い出しは、ジャモン石の4分と5分を使用しています。

 

 

 

 

お問い合わせは24時間受付中

新築物件をはじめリフォームなどお客様のご希望する施工を致します。